アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、先天性の過敏症のひとつで、皮膚の炎症や湿疹を伴うものです。
現在アトピー性皮膚炎になっている患者さんのほとんどは、5歳までの幼児期に発症することが多いようです。
アトピー性皮膚炎はアトピー型気管支喘息やアレルギー性鼻炎、そして蕁麻疹をおこしやすい体質で、さらにさまざまな刺激によってかゆみを伴う皮膚疾患のことをいいます。
アトピー性皮膚炎の原因はさまざまなものがあります。
遺伝や、環境の変化などが多く、遺伝だけでは説明できないことも多く、とくにこれといった特定された原因を見つけるのも難しいといわれています。
アトピー性皮膚炎の原因の環境要因には、食べ物によるものや、ダニやハウスダストによって引き起こるもの、皮膚にいる細菌によるもの、ストレス、ボディソープなどの石鹸などさまざまな原因があります。
アトピー性皮膚炎の症状は、皮膚が感想して粉を吹くようになり強いかゆみを伴うことがあったり、鳥肌のようなザラザラしたものが皮膚にできてその皮膚が次第に厚くなったり、大量のフケがでたりすることが多いのですが、アトピー性皮膚炎の症状の多くは「かゆみ」です。
アトピー性皮膚炎になると引き起こる合併症もチェックしておく必要があります。
一番多いのは皮膚疾患となります。
アトピーの方は皮膚が少し弱く、かぶれやすかったり、化粧品や薬、洗剤などの接触性皮膚炎を起こしやすくなります。
また、円形脱毛症の合併症もあります。
感染症は、水いぼなどのウイルスによる皮膚疾患にとても感染しやすく、単純ヘルペスを罹患してしまうと症状が悪化しやすくなってしまいます。
そして、白内障や網膜剥離を合併してしまうこともあります。
アトピー性皮膚炎の治療にはさまざまな薬が用いられるのですが、まずはストレスや乱れてしまった食生活、清潔な環境をしっかり整える必要があります。
アトピーになってしまう原因や、アトピーの症状を悪化させてしまう原因にダニやハウスダストがあるからなのです。
また、十分な睡眠時間を取ることも大事なのです。

アトピー性皮膚炎に使われる代表的な薬には、「ステロイド」や「プロトピック」「保湿剤」「非ステロイド系薬剤」などがあります。
保湿剤は、スキンケアを丁寧に行うことで、アトピー性皮膚炎の症状を劇的に良くすることもあるのです。
ワセリンや、水分を含んだクリームなどが処方されるようです。
また、漢方薬を処方する皮膚科や、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬を処方することもあります。

アトピー性皮膚炎とは?関連ページ

アトピーは完治しない病気なの?