アトピーには漢方が効く?

アトピーには漢方が効く?

アトピーの原因は完全に解明されたわけではなく、また、その人によって原因や症状には大きな違いがあります。
このため、これまでは薬によって表面的な炎症を抑える対処療法が主流で、食物アレルギーや金属アレルギーに代表される特定の物質に対するアレルギーの場合にはアレルゲンを徹底的に排除するという以外に治療法はほとんどありませんでした。
しかし、皮膚の炎症を抑える薬は徐々に強いものにしていかなければ効き目がなくなり、ステロイド系の強い薬を常用していると、薬が切れると症状が悪化するという大きなデメリットもあったのです。
このデメリットに対して、出来るだけ自然な物を使い、体質改善することで症状を抑える試みを求める患者さんが増え、近年では漢方薬によるアトピー治療が人気となりつつあります。
でも、漢方薬も薬ですから、使い方を間違えると副作用などの悪影響が現れます。
それに、漢方薬を正しく使うには、その症状や原因が少しでもはっきりしている必要があり、専門家による診断と処方が必要不可欠です。
漢方薬の治療では、皮膚の炎症を抑える効果を期待する薬と、体質改善を目的とした薬があり、個人個人の症状や体質などに合わせて使用する薬の組み合わせも変わってきます。
もちろん、体質改善が最も重要ではありますが、漢方薬を飲み始めたからといってすぐに効果が出るわけではありませんから、その間の症状にも対処しなければなりません。
さらに、漢方薬を服用するだけでなく、生活習慣なども改善する必要があります。