アトピーと漢方

アトピーと漢方

アトピーは漢方薬で治すといいかもしれません。
漢方薬でのアトピー治療は、保険がきかなくて治療費が高額になってしまうイメージがありますが、医師に漢方薬での治療を希望し、処方箋を書いてもらえれば、保険が適応されるそうです。
しかし、全ての漢方薬に保険が適応されるわけではなく、種類に限りがあるので、より本格的な漢方薬治療を受けたい人は、漢方薬局で相談して自費治療するといいと思います。
「東洋医学の名医 徹底紹介」などの本を参考にして、信頼できそうな漢方薬局を探すのもオススメです。
漢方薬で体質改善することにより、アトピーが寛解した人はたくさんいます。
西洋医学でのアトピー治療に不安や不信を感じたら、東洋医学に切り替えてみるのもいいのではないでしょうか。
でも、漢方薬さえ飲めばアトピーの症状が治まるというものではなく、食生活の改善や日常的なスキンケア、こまめな清掃などの努力も継続して必要です。
五十年前の日本人の食事に戻せれば、服用する漢方薬の量も、その効果もかなり違ってくるといわれています。
また、漢方薬は効果が高い分、間違った使い方をすれば、症状が悪化してしまうこともありますから、評判のいい、しっかりとした知識を持つ専門家に相談した方が後悔しないでしょう。
少なくても、じっくりと体質や生活習慣、症状をきいて処方してくれるのでなければ信用できません。
さらに、漢方薬は健康食品などと一緒に服用するとよくないこともあるので、注意が必要です。