アトピー治療の専門の病院って?

アトピー治療の専門の病院って?

アトピー治療を長年続けてもなかなか完治せずアトピー専門の病院が無いかと探している人も少なくないようです。
どんな病気にもその世界で名医と呼ばれる先生がいて、その名医に診察してもらいたくて遠方からでも名医のいる病院を訪れる人がいるものですが、アトピー治療においてもそれは決して例外ではありません。
アトピー治療で名医と呼ばれる先生は日本に数人おられるようですが、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターの皮膚科主任部長の片岡葉子氏もその一人でアトピー性皮膚炎治療研究会 第14回シンポジウムにも講師として招かれ「アトピー性皮膚炎への心身医学的アプローチ」を熱く語っていたようです。
片岡葉子氏のアトピー治療法は、まず診察時に症状や日常生活についてかなり突っ込んで聞き取りしそれを基にアレルギーの原因を特定する為に血液検査やバッチテスト、プリックテスなどを行い、原因を明らかにしてから治療を始めます。
「詳細な面談や検査によってアトピー性皮膚炎の悪化要因となるものをつきとめ、その原因を一つ一つ取り除くことによって症状が出ないようにしていく」という治療方針を掲げている片岡氏はステロイド剤を極力使わないことを目標としていることでも有名な先生です。
ですから、原因と症状にあわせて抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を中心に内服薬や外用薬を用いて治療を進めています。
アトピー治療の為に何ヶ所も病院を変えそのたびにステロイド剤を処方されていた子供を抱えるお母さんの口コミによると、一時的にかゆみを抑えるだけの塗り薬はかえって症状を悪化させているようにも思え、根本的なアトピー治療をして頂ける病院を探していたところ、片岡葉子氏の治療方針に感銘し遠く北海道から治療を受けに行ったようです。
その甲斐あって半年ほどの通院で完治し、以後5年経った現在でも症状が現れることはなく片岡葉子氏に診て頂けたことに感謝しているとのことでした。
それから、アトピーの原因の多くはストレスにあるという考えのもとに精神面のケアに重点をおき食事指導や、スキンケア、生活指導を行い自然治療を目指す名医、玉置昭治氏は大阪府・淀川キリスト教病院にいます。
この他にもWEB上には、アトピー治療にお勧めの病院や有名な病院、それからアトピー治療を行っている病院の口コミサイトもあるので、症状と治療方針を照らし合わせて病院選びの参考にすると良いでしょう。
一日も早く完治してかゆみとサヨナラしたいものですね。