アトピー治療にプラセンタが効果ある?

アトピー治療にプラセンタが効果ある?

最近アンチエイジングや痛み軽減などさまざまな効果で人気のプラセンタが、アトピー治療にも力を発揮することが分かってきました。
アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥して発疹ができ、激しいかゆみが起こる疾患です。
顔や首をはじめひじやひざの裏側のくぼみなど皮膚の柔らかい場所に多く出て、耳の付け根が切れてしまうこともあります。
全身に広がってしまうケースもあり、ひどいかゆみとの戦いになります。
近年患者が増加しているアレルギー疾患のひとつで、要因にはアトピー体質という遺伝的なアレルギー体質があることが分かっています。
それに加えストレスや過労、乾燥や汗・皮脂による肌の汚れなどの要因が重なって発症します。
かゆいとストレスが強まりますし、かけば皮膚炎は悪化します。
一度起きると何度も繰り返して発疹が現れ、なかなか完治しないことも知られています。
アトピー治療で最もよく行われるのがステロイド剤による治療です。
また漢方でもアトピー治療に効果があるといわれているものがあり、外用軟膏や内服薬として販売されています。
さらに徹底的にアレルゲンとなる物質を取り除くという方法がとられることもあります。
民間療法にはじつにさまざまなものがあり、体質改善のためのサプリメントや温泉療法など実際に試したことがある方も多いですね。
体質は人それぞれですので、これは万人に絶対効くという方法は現在残念ながら見つかっていません。
自分に合ったアトピー治療を探している人は、全国にたくさんいるのです。
中でも注目を集めている先端のアトピー治療が、プラセンタ治療です。
プラセンタとは母体と胎児の間で栄養や酸素の受け渡しを行う胎盤のことで、栄養素やホルモンがぎゅっとつまっています。

最初は肝臓病や更年期障害などの治療薬として使われていましたが、アンチエイジングや痛みの軽減などさまざまな効果があることが最近分かってきました。
美白や肌の張りを取戻したり、疲れや肩こり・胃腸の機能低下などからの回復を助けたりすることが知られています。
また抗アレルギー効果や肌の健康を保ち血行を良くする効果、さらに全身の機能を正常化し体調を整える効果があるためアトピー治療にも効果的であることがわかってきたのです。
それをうけてプラセンタ治療をアトピー治療に取り入れる皮膚科も増えてきています。
皮下注射で行うためチクリとした痛みを伴い、生体由来の製剤のためリスクが皆無とはいえませんがこれまでのアトピー治療が合わなかった方は試す価値があるといえるでしょう。
人間が生物として本来持っている治癒力や生きていく力を高めてくれるプラセンタは、アトピー治療に差した希望の光となりうるかもしれません。