アトピー治療は脱ステロイドにしていくほうが良い?

アトピー治療は脱ステロイドにしていくほうが良い?

アトピー治療に脱ステロイドが増えてきているようです。
アトピー治療は従来、病院などで薬物による対症療法が一般的に行われていました。
これは、アトピー性皮膚炎の原因と見られているアレルギー反応そのものを抑えることが、進歩した現在の医療技術と言えども難しく、薬物によって症状を緩和する以外になかったからです。
また、使用される薬物のなかでも、最も効果が大きいとして普及していたのがステロイド外用剤です。
ステロイド外用剤は、その成分である副腎皮質ホルモン(ステロイド)が皮膚から浸透して細胞に直接働きかけ、エネルギー代謝を変化させることによって、過剰になっていた免疫反応抑制し、アトピーの炎症を和らげる効果があります。
アレルギー反応そのものを抑えることが難しい以上、最も症状を抑える効果のあるステロイド剤は、ベストでなくてもベターな選択肢として世の中に広まっていくのは当然のことであったと思います。
それがここにきて、なぜ脱ステロイドなのか、実は残念なことに、アトピー治療を受ける患者のベターフレンドと考えられていたステロイド剤も、長期間使用するとさまざまな副作用が生じてくることがアトピー治療を続ける人たちの間で明らかになってきたのです。
この副作用情報がインターネットなどで一般に広まるにつれ、アトピー治療を脱ステロイドで取り組む患者が増えてきたと言うわけです。
副作用に悩まされたことから、アトピー治療に脱ステロイドを始めた人の体験記などを読むと、副作用のでかたは、ステロイド剤を使用していた期間やアレルギー反応の起こり方などにより、それぞれ個人差があるようです。
しかし、アトピー治療のステロイド剤による副作用を大雑把に分けると2種類に分類することが出来ます。
ひとつは局所性副作用と呼ばれるもので、毛細血管の拡張や皮膚の萎縮、ウィルス・細菌による皮膚感染症などが挙げられます。
もうひとつは全身性副作用と呼ばれるもので、副腎皮質の機能低下が代表例として挙げられます。
では、どうしてステロイド剤でこうした副作用が起きてしまうのでしょう。
一般的に考えられるのは、ステロイド剤の成分である副腎皮質ホルモンの中に含まれる糖質コルチコイドを化学合成法によって生産していることです。
簡単に言うと、人間の体内で本来は受け付けられない化学合成物質が入っているということです。
ただし、脱ステロイドを始めるにあたっても、注意しなければならない点があるようです。

これはリバウンドと呼ばれるもので、ステロイド剤の中止により、人によっては急激な症状の悪化に見舞われることがあります。
原因は、急にステロイド剤をやめることで副腎機能が抑制されたままの状態となり、アレルギーの症状を和らげる機能が低下するためです。
このため、安全に脱ステロイドを始めるには、ステロイド剤の使用を少しずつ減らしていったり、効き目が強いものから弱いものへと徐々に切り替えていくことが必要となってくるようです。