アトピーに効く薬は?

アトピーに効く薬は?

アトピー薬で有名な薬は、ステロイドやプロトピック、漢方薬、非ステロイド系薬剤でしょうか。
中でも、ステロイドは免疫反応を抑えてアトピーの症状をやわらげる効果がありたびたび処方されます。
数あるアトピーの薬の中でももっとも強い薬で効果の高い薬となります。
アトピー性皮膚炎の症状や、湿疹の出てくる部位によって分けられています。
ステロイド剤には弱いものからとても強いものまでレベルがあり、弱いものであれば、薬局などでも購入することが可能になりますが、レベルの高いステロイド剤になると医師の処方がなければ購入することができません。
アトピー薬のステロイドは、長期間使用していると使用していた皮膚がだんだん萎縮し、毛細血管拡張などの副作用が出てきます。
プロトピックは、元々は臓器移植の手術に使われたもので濃度を下げて使用しています。
顔面などに効果を発揮し、ステロイドの副作用の出やすい部分に使用されることが多い薬になります。
このアトピー薬を使用した直後はほてりやヒリヒリと痛みを感じることがありますが、皮膚が薬に慣れていくとなくなります。
プロトピックは塗った直後に直射日光を浴びてはいけません。
また、紫外線療法による治療中には使用することができません。
アトピー薬の中には漢方薬があります。
漢方薬は、ステロイドなどのアトピー薬のような即効性はないものの、健康保険が適用され、副作用も少なくアトピー薬は漢方薬、という方も多いくらい注目されています。
アトピー薬で処方される漢方薬は、顆粒状になっているエキス剤が多いようですね。
漢方薬の効能には、抗炎症作用や抗菌作用があります。
ひっかいてしまったキズから、細菌が侵入し、炎症を起こし、アトピーの症状を悪化させてしまうのですが、漢方にはこれを防ぐことができる効果があるのです。

また、腸内の中にいる悪い菌をやっつける働きも持っています。
漢方薬は市販されている薬とは異なり、その人にピッタリな薬となるのでオーダーメイドの薬となるのではないでしょうか。
ピッタリな薬ということは、効果も期待できるメリットがあります。
また、このほかにもかゆみがひどい場合は抗スタミン薬や抗アレルギー薬を処方されることがあります。
アトピーはとくにかゆみがつらいため、かゆみを抑える働きを持つ抗アレルギー薬はとくに有効だとされています。
アトピー薬にはさまざまな種類のものがあります。
いろんな薬があるからこそ、どんな効果を持っているのか、どんな副作用があるのかなどをきちんと把握する必要があるのではないでしょうか。