アトピー治療の名医って?

アトピー治療の名医って?

アトピー治療の名医は、探すのが難しいといえるでしょう。
もちろん専門的に研究されている先生は多数いらっしゃいますが、発症の原因が解明されていなく対症療法に頼らざるを得ないからです。
また、アトピー性皮膚炎には複合的な要因が指摘されていて、ひとつの原因が元で発症する訳ではないと近年の研究では言われています。
そんな中でアトピーの治療に専心し、名医と呼ばれるようになるには相当な努力と研究を必要とされるからです。
インターネット上ではアトピー治療の名医と呼ばれる方々が一瞬で検索できますが、どのような治療をするか、それが自分自身に合っているかまでは分かりません。
自分にとって名医であるか否かが、アトピーの治療に関しては一番求められるのです。
一般にアトピーは治る病気ではなく体質だなどといといわれていますが、実際に治っている方もいるようで、その線引きは難しいようです。
アトピー治療の名医と呼ばれる方の中でも病気なのか体質なのかで意見が割れていて、どちらが本当なのか判断しづらく何が本当かどうかも分からなくなることもあるようです。
そこでどのような立場を取るかという事が、アトピー治療の名医にとっては必要になり、それは大きく分けると3つに分けることが出来ます。
遺伝的要因、環境要因そして2つの複合的要因です。
遺伝的要因は遺伝が元でアトピー性皮膚炎にかかってしまうというもので、このような立場に立っている方は薬物治療や食事療法などを取られる方が多いようです。
また、環境要因ではストレスから発症しているかもしれないことを鑑みて、薬物療法や食事療法の他にカウンセリングや心理療法を取り入れているようです。
それから、複合的要因の立場に立っている方はまちまちで、カウンセリングや心理療法を取り入れずに薬物療法や食事療法を勧める方などがいるようです。
しかし、薬物療法、特にステロイド剤を使った治療には、副作用が指摘されているために反対している患者が多くいるようで「ステロイド剤を使っていては治らない」と公言して憚らない人もいます。
もちろんそれはアトピー治療の名医と呼ばれる方の中にも存在します。
アトピー性皮膚炎は喘息などと同じで、身体が何らかの要因で過剰反応している病気です。

したがって、自分の身体の事をよく知った上で、自分に合った生活スタイルを確立すれば、病気は治るという人もいます。
それはアトピー性皮膚炎は病気ではなく体質であると言っているのと変わらない印象を受けますが、病気との上手な付き合い方が生きて行く上で最も大事なことなのかもしれません。