アトピー治療には湯治が良い?

アトピー治療には湯治が良い?

アトピー治療に湯治が良いことは昔から言われていた事のようで、アトピーの治療だけでなく様々な病気の治療に湯治は使われてきました。
東北地方の秘湯には、らい病(ハンセン氏病)患者の方が昔から入っていたというところがありますし、刀傷を癒すために源頼朝が長く温泉に逗留したというのは有名な話です。
武田信玄も温泉を兵士の治療に使っていたようで、湯治の歴史は非常に長いのです。
アトピー治療における湯治の目的は体を温め血の巡りを改善し、自らの体の新陳代謝をあげて免疫機能をあげることにあります。
最終的には免疫機能をあげることによってアトピー治療だけではなく、他の病気にもかからず健やかに生活することに繋がります。
歳を取ってから温泉街に住む方が多く、温泉マンションなどが流行るのもこのためで、温泉には免疫機能を高める効果があるのです。
しかし、湯治に使う湯の種類は豊富でどれがアトピー治療に効くのかというとなかなか難しいと思います。
一般的に「肌に良い」と言われているものはアトピー治療にもよく効くようですが、温泉療養医や皮膚科のお医者さんと相談した上で湯治を行う温泉を決めるのが良いでしょう。
温泉には「源泉かけ流し」と呼ばれる温泉が噴き出すままにそのまま流しているものと「加水」と言って温泉に水を加えるもの「循環」といって一度使った温泉に塩素を混ぜ消毒してもう一度提供するものなど様々な種類があります。
出来れば源泉かけ流しの泉質のよい温泉に長く逗留することがアトピーの治療には良でしょう。
今の温泉には必ず泉質説明がされているので、直接聞くかインターネットで調べるなりして泉質を調べてから湯治に赴くのが良いと思います。
アルカリ性の温泉か、それとも酸性の温泉か、その違いだけで効能にも差があるようですから、焦らずゆっくりと調べましょう。
また、一般的には湯治は科学的根拠のない民間療法と考えられています。
しかし長い歴史のある期待の出来る治療方法なので、時間をかけてストレス解消も心掛け、焦らずゆっくり「急がば回れ」という精神で臨むことが肝要です。
特にアトピーにはストレス的な要因が指摘されることもあるので、なるべくストレスを感じないようにすることが重要に思えます。
個人的にお勧めなのは北海道にある温泉です。

あまり知られていませんが北海道は泉質が良い温泉が多く、また観光名所も多いので温泉につかりながら観光をしてストレス解消に努めアトピー治療にあたるというのが良いのではないでしょうか。

アトピー治療には湯治が良い?関連ページ

アトピーに温泉は効く?
アトピーに効く温泉の紹介