大人のアトピー

大人のアトピー

アトピーといえば、子供の病気のように思われがちですが、近年では大人になってから突然アトピーを発病する人も増えています。
子供のアトピーであれば、大人になるにつれて治ることもあるでしょう(だからといって、自然治癒にまかせることはできませんし、つらいことには変わりありませんが)。
でも、大人のアトピーは子供のアトピーよりも症状がひどくなったり、日常生活を送ることもままならないほど悪化することも珍しくないのです。
子供なら食事の支度や掃除、洗濯のような家事は親がやってくれますが、大人は自分でやらなくてはいけなかったり、アトピーの症状がつらくても生活のために働く必要があり、治療のための充分な時間がとれないことなども大人のアトピー闘病をつらいものにします。
大人のアトピーの原因は、環境や食べ物などにあることが多いので、アトピーの原因がわかって、それを取り除くことができれば、アトピーの症状は改善するでしょう。
問題はアトピーの原因がなかなかわからないことが多いのと、原因がわかっても仕事のストレスなど取り除けないものであることも少なくないことです。
一般的な大人のアトピー発症の原因としては、食品添加物、新建材、動物に対するアレルギーや仕事や人間関係でのストレスがあげられます。
引っ越したら屋上の貯水タンクに水を溜めて給水するタイプの住居で、水道水の中に流出した金属に金属アレルギーを起こしてアトピーを発症するというケースも多いようです。
子供に比べても辛いことが多い大人のアトピーですが、自分で情報を集めたり、治療法を選んだりできるのはいい点かもしれません。