アトピーは赤ちゃんの時になるもの?

アトピーは赤ちゃんの時になるもの?

アトピーは赤ちゃん(幼児期)に発症することが多くとても深刻な問題となっています。
アトピーの赤ちゃんの特徴にはいろいろあります。
0〜1歳までは食べ物によってアレルギーの症状を悪化させてしまう恐れがあります。
赤ちゃんがアトピーになる大きな原因の食べ物の中には、大豆や小麦、たまご、牛乳があります。
アトピーかな?
アレルギーかな?
という疑いがある場合は、できればこれらの食べ物は控えるようにして医師の指示に従うようにしましょう。
素人判断であれこれ食事制限をしていると栄養障害を引き起こしてしまう恐れがあります。
アトピーの赤ちゃんにはいくつかの原因があります。
ひとつは、ダニやハウスダスト、食事などのアレルギー要因があります。
もうひとつは、遺伝や環境などの非アレルギー要因があります。
環境要因などでは症状を悪化させてしまう恐れがあります。
また、赤ちゃんは皮脂が少ないのも原因となることがあるようですね。
最近では、皮脂の一番表面の角質にある皮質のセラミドが少ないからでは?
といわれているので、セラミドの生成に関する遺伝子が最近注目されているようです。
アトピー赤ちゃんと診断された場合、治療を行うのですがまずはアトピーの症状でももっともやっかいなかゆみを抑えていきます。

アトピーで一番辛いのがこのかゆみでもあるのですが、ついついかゆくて掻きむしってしまいます。
掻くと皮膚の組織が壊れて症状がどんどん悪くなってしまうのです。
このかゆみを止めるために塗り薬を使用したり、かゆみを止める抗ヒスタミン剤などを飲みます。
また、アレルギーがはっきりしている時のみ抗アレルギー剤を使用することもありますよ。
漢方薬を処方する病院もあります。
この漢方薬は、残念ながらかゆみや湿疹をすぐに止めることはできません。
ですが、補助的な治療薬としては効果があるので漢方薬を処方することもあるそうです。
アトピー赤ちゃんになってしまった場合、民間療法に走る親御さんも多いのです。
ですが、お医者さんからしてみればその民間療法に効果があるのかないのかわかりません。
なかなか確立することができないアトピーの治療方法を簡単に見つけることができないので、やはり怪しいと感じるお医者さんも多いようです。
とても高いお薬を購入させられることもあるので、民間療法には十分注意するようにしましょう。
アトピー赤ちゃんについて詳しいお話をお医者さんから聞くことができます。
書籍やインターネットを利用すると、まず何をするべきなのか、かゆみ対策には何をすれば良いのかなどをチェックすることができます。
ぜひ、さまざまな角度から赤ちゃんのアトピーについて調べてみてください。

アトピーは赤ちゃんの時になるもの?関連ページ

子どものアトピー治療は?
大人のアトピー