アトピーの症状とは?

アトピーの症状とは?

アトピー症状にはさまざまなものがあります。
アトピー初期症状には、耳の付け根の部分が赤く切れたり、肌がカサカサしたり、ザラザラしたり皮膚が少し白くなったり、頭のかさぶた、紅斑が出る症状が多いようです。
また、幼児の場合は口のまわりや耳、頬に滲出汁を出すことが多いようです。
これもアトピー症状のひとつとなります。
アトピー症状が出やすい場所には、顔や耳、首、肩、背中、乳首、腕、指先、ひざの裏側、足首、足の甲などほぼ全身に出てきます。
中でも、これらの部位はとくにアトピー症状の出やすい場所となります。
アトピー症状の中でももっともつらいのが「かゆみ」になります。
小さなお子さんはこのかゆみに耐えることができずに、つい掻き毟ってしまうのですが掻き毟ってしまうと傷から細菌が入り炎症を起こしてしまいます。
このかゆみは、からだが温まるとかゆくなったり、ストレスでかゆくなってしまうことがあります。
とくにからだが温まるとかゆくなるのは、夜寝る前にお布団に入ったとたんにかゆくなる方が多いようです。
これは、緊張がゆるむためにかゆさも日常生活の中でピークとなるようです。
また、遊んでいるときや趣味に没頭しているときはかゆくならないのに、イライラしたり嫌なことがあるとかゆくなってくることがあります。
ストレスはアトピー症状を悪化させてしまうことがあるのです。
また、アトピー症状は夏と冬では異なるそうです。
寒くなると肌の乾燥がすすみます。
そこで、かゆみを伴うことがあるのです。

暖かい場所に行くと体温も上がり、汗をかくことでかゆみが多少やわらいでいきます。
逆に、夏になるとアトピー症状が悪化する方は汗をかくことが刺激となりかゆみを伴うことがあります。
また、夏になると細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
この細菌が皮膚の炎症を引き起こします。
アトピーの症状や、治療法などはさまざまなウェブサイトで公開されています。
いろんな角度からチェックすることもできるので、ぜひこの機会に症状について詳しく調べてみてください。
ですが、素人判断でステロイドを使うと悲惨なことになってしまうので心配な方は一度専門の医師に相談してください!アトピー症状はこのほかにもいろいろあるようです。
インターネットでは花粉症などのアレルギー症状の重症度チェックを行うことができます。
目のかゆみやめやに、涙、目の異物感、目の痛みなどの目の症状から、くしゃみの回数や鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状などからチェックすることができるようになっています。
アレルギーの仲間になるので、ぜひこちらも覗いてみてください。