アトピーはアレルギーが原因?

アトピーはアレルギーが原因?

アトピーは現代病とも言われていて、現在アトピーの症状が出ていない方でも何かの拍子に突然アトピーになる可能性は十分にあります。
それでは、アトピーの原因として考えられるものには一体どんな事があるのでしょう。
まず挙げられるのが、アレルギーです。
何らかのアレルギーを起こす物質、つまり、アレルゲンが体内で作用し、湿疹になってしまうと考えられています。
乳幼児型や小児型では、食べ物をアレルゲンとする場合が多いようです。
例えば、牛乳や乳製品、卵の特に白身の部分、大豆、小麦、ソバなどが挙げられます。
これに対して、成人型では、食べ物ではなく、環境をアレルゲンとする場合が多いようです。
例えば、ダニ、ハウスダスト、カビ、花粉、ペットの毛、ホルムアルデヒドなどの化学物質が挙げられます。
アトピーを引き起こす原因となっているアレルゲンを見つけるためには血液検査などを行いますが、この血液検査だけで全てのアトピーの原因がわかるわけではありません。
アトピーは人間関係や仕事、受験など、様々な精神的ストレスから発症するケースもありますし、不規則な食生活や生活により発症するケースもあります。
また、これらの原因が単独でアトピーを発症する場合もあれば、いくつかの原因が重なって発症するケースもあるのです。
一概に、「これが原因」と言えないところがアトピーの難しい所でもありますので、自分のアトピーがどんな時に酷くなるのかを冷静に分析し、その原因を調べて行く事が治療には必要となってきます。

アトピーはアレルギーが原因?関連ページ

アトピーの症状とは?
アトピーの原因は体質?生活習慣?